oラインの脱毛施術時の気になる体勢は?

医療機関やエステサロンで脱毛施術をする人が増えています。手ごろな値段で施術できるようになったことと、肌ダメージが少なく、きれいにムダ毛をなくすことができる、ということが浸透してきたからです。

特に、デリケートゾーンなどの皮膚の薄い部分は、自己処理していると黒ずんだり、ブツブツができたりと、肌トラブルになりがちです。デリケートゾーン、いわゆるvioラインの施術は、人気の脱毛部位のひとつとなっています。デリケートゾーンは、ビキニラインのvライン、性器周りのiライン、おしり周りのoラインに分かれています。

気になる脱毛方法ですが、vラインやiラインの場合は、紙パンツのようなものを履き、仰向けになって、スタッフが紙パンツをずらしながら施術を進めていく、という方法が多いです。oラインの場合、肛門周りになるので、何も着用せずに四つんばい、または横向きになり、おしりを広げながら施術が進められます。最初は恥ずかしさはあるものの、慣れてくる、という人が多いです。また、気になるのは痛みです。

皮膚が薄い部分なだけに、痛みを感じやすいといえ、実際に痛みを感じた、という人は多いです。ただ、数分程度の施術になるため、我慢できる時間といえます。デリケートゾーンを脱毛することで、蒸れがなくなり清潔に保つことができます。特に、生理時の不快感から解放されます。また水着や下着からはみ出るムダ毛の心配もなくなります。きれいに、肌トラブルなくムダ毛をなくすなら、VIO脱毛の人気サロンin福岡にある専門機関での施術がおすすめです。

Comments are closed.